セレクトショップ販売員の日常

藤長我朗 東京在住 セレクトショップ販売員6年目の28歳。実の父である埼玉県在住の油絵画家:吉野光の作品を用いたアパレルブランド「Bright Man」の立ち上げを計画中。

クラウドファンディング申請完了‼️

皆さまこんばんは!

息子です🙋‍♂️

 

こっそり撮影した父の仕事道具

f:id:AROU:20190711131926j:image

アトリエ、かっこいいんですよね。

匂いとか。子どもの頃を思い出します。

 

さて表題の件ですが…

やっと!やっと!

クラウドファンディング申請完了です!

f:id:AROU:20190710234527j:image

ここまでの道のりは長かったです…。

 

あとは申請が通ることを祈るのみ。

皆さま、その際はどうぞご支援のほど、

改めてよろしくお願い致します!!!!

 

2連休を丸々使ったのでヘロヘロです笑

 

自宅にパソコンが無いため、画像編集

など全てスマートフォンで行いました。

 

目が…笑

 

申請が終わり、休日の習慣である靴磨きを。

久しぶりにゆっくりと靴磨きができました。

 

f:id:AROU:20190710234841j:image

 

前職ユナイテッドアローズの入社1年目に購入した

ジャランスリウァヤのプレーントゥシューズ

 

私が所属していたグリーンレーベルリラクシングでは、力を入れてジャランスリウァヤを仕入れていました。

 

定価は3万円と少し。

 

語り出すとキリがありませんが、本格的な英国靴と同じ素材・製法で作られていながら、インドネシア生産という点で価格が抑えられているブランドです。

 

英国ブランドですと、7〜8万円はします。

(革靴は年々価格が高騰しています。)

 

非常にコストパフォーマンス

に優れたブランドと言えます。

 

彼女の誕生日に予約した、

初めてのフレンチレストラン

 

セールなど、特に気合いを入れる日

 

大事な社内試験の日

 

転職活動中の面接

 

友人の結婚式

 

彼女のご両親との顔合わせの日

 

大切な場面では、

いつもこの靴を着用していました。

 

雨の日も履きました。

 

雪の日に履いたこともありました。

 

もう5年目の付き合いになりますが、

まだまだ新品同様の輝きを放っています。

 

大切に手入れをすれば、

革靴は10年、20年と着用できます。

 

皆さま、足元は光を放っていますか?

 

お洒落は足元から。

 

第1印象においても足元が大切。

 

高い物を身につけていれば、

それで良いわけではありません!

 

一流のブランド物が正解ではありません!

 

どれだけ愛情を持って付き合っているか。

それに尽きます。

 

これからも、日々全ての物事に感謝

しながら生きていきたいと思う息子でした^^