セレクトショップ販売員の日常

藤長我朗 東京在住 セレクトショップ販売員6年目の28歳。実の父である埼玉県在住の油絵画家:吉野光の作品を用いたアパレルブランド「Bright Man」の立ち上げを計画中。

ファッショナブルなマスク

皆さま、こんばんは!

息子です。

 

お題「手作りしました」

 

正しくは祖母が作ってくれました!

https://www.instagram.com/p/CAsOIh0jV9Q/

Login • Instagram

 

ファッショナブル&ウォッシャブル。

素敵です。

 

祖母はパッチワークキルトの先生をしていたこともあり、リバティーの生地を沢山持っています。

f:id:AROU:20200528205227j:image

これでもほんの一部。

クッションも作ってくれました。

 

私もリバティーのフラワープリントが大好きなので、とても嬉しいです。でも、マスクはもったいなくて使いにくいです(笑)

 

マスクと言えば、私が勤めるTATRASもノベルティとしてマスクの展開をスタートしました。

f:id:AROU:20200528205534j:image

こちらもファッショナブル&ウォッシャブル。

 

セレクトショップやスニーカーショップもオリジナルのマスクを展開していて面白いです。

 

色付きのファッションマスク(特にブラック)が若者に流行りだした時は「なんだこれ…。」と訝しがっていましたが、もうすっかり受け入れています(笑)

 

非常事態宣言が明けたとは言え、まだまだマスクは手放せないです。

 

お洒落なマスクで気持ちを上げましょう!!

 

ファッショナブル&ウォッシャブルなマスクが普及したことで、プラスな気持ちで予防が出来るといいですよね。

 

どんどんお洒落なマスクが出てきて欲しいです。

 

そんなことを考えながら祖母に電話をかけた息子でした。