セレクトショップ販売員の日常

藤長我朗 東京在住 セレクトショップ販売員6年目の28歳。実の父である埼玉県在住の油絵画家:吉野光の作品を用いたアパレルブランド「Bright Man」の立ち上げを計画中。

Bright Man プリントTシャツ

皆さま、こんばんは。

息子です!

本日は少しカットソーについて語ります。

 

とうとう、

プリントTシャツも完成しました!

じゃーん!

 

f:id:AROU:20190628222434j:image
f:id:AROU:20190628222411j:image

 

我ながらかっこいい…

 

インクジェットプリントが得意な業者に依頼をしたのですが、実物の作品よりも少し淡い仕上がりになりますね〜

 

ブランド物のTシャツって¥20,000〜¥30,000で展開していたりしますよね?

 

ただのカットソーだぜ!?

 

って思いますけど、ブランドネーム代+最新技術代だったりするんですよね。

 

いわゆるハイブランドは中小企業や一個人では使えない技術を使っていたりするわけです。

 

高い物にはわけがありますね。

 

さて、今回のブライトマンのプリントTは¥5000円で販売致します。高すぎず、安すぎず。手に取って頂けるお値段かと思います。

 

ボディはかの有名なフルーツオブザルーム。

 

個人的に大好きなカットソーブランドです。

 

薄く柔らかくよれにくい。

使い勝手の良いカットソーを展開しています。

 

2年間ほぼ同じ頻度で着用したカットソーの首回りをご覧ください。

 

フルーツオブザルーム

f:id:AROU:20190628223135j:image

 

セレクトショップオリジナル

f:id:AROU:20190628223152j:image

 

どちらもお洒落着用洗剤エマール(エマールは最強です)を使用して洗濯、厚さ2cmのハンガーで干していました。

 

その差は歴然ですね。

ちなみに、値段はというと某セレクトオリジナルのカットソーはフルーツの約2倍近くしました。

 

なぜ2倍近くしたかと言いますと、ロングファイバーコットンで作られていたからです。

 

細く長い、しなやかな繊維の綿生地、つまり、コットンだけどシルクに近いということです。

 

着心地はとても良いですが、耐久性はそこまで高くありません。

 

それに対して、フルーツの生地はアメリカ製のしっかりとした綿です。

 

初めこそ硬くざらつきがありますが、洗濯を繰り返すと柔らかく肌馴染みが良くなります。

 

育てがいのあるカットソーと言えますし、

長く長く愛用できます。

 

また、ボディの編み方にも違いがあります。

 

フルーツオブザルーム

f:id:AROU:20190628224339j:image

 

セレクトショップオリジナル

f:id:AROU:20190628224408j:image

 

こちらも違いは歴然です。

 

フルーツオブザルームは、筒状に編まれているため側面に縫い代がありません。

 

セレクトショップは、前身頃と後ろ身頃を縫製しているため側面に縫い代があります。

 

ここでも着心地の差が出ます。

 

ちくちくと肌に触れることも無いために、敏感肌の方にもオススメです。

 

だからこそボディはフルーツオブザルームに決めました。

 

本当にオススメです。

長くなってしまいました…。

 

クラウドファンディングに向けて、

引き続きよろしくお願い致します!

 

息子でした。